「手放せない」子育て回顧ブログ vol.12


2017年10月8日 ach naviブログ

「手放せない」

 

子育てをする以前に、手作りの机の取材をしたことがありました。

 

家具をオーダーメイドで作るデザイナーさんへの取材で、その時は一点ものの机を撮影するため、わざわざオーダーされた方のご自宅に行きお話を聞きました。家のサイズや、オーダーされた方の価値観、お子さんの年齢等を考慮した机はとても魅力的でした。成長するごとに高さを変えられることと使い勝手の良さ、洗練されたデザインが私を魅了しました。既成の机が悪いと言っているわけでは決してありません。何年も使い続けられる机に、使う側は絶対に愛着が湧き、大事に利用し、一緒に大人になっていくんだろうなーとイメージをさせてくれました。その木の机はおそらく今では、いい感じの色合いになり、もしかしたら、勉強をする机ではなくなっているかもしれません。でも、だからと言って、簡単に廃棄するようなアイテムではないはずです。

 

 

モノを大事にする心を育てることは、簡単なことではないかもしれませんね。お金を出せば新しくて便利なモノが何でも手に入る時代です。それでも、スポーツでは自分が使う道具を大事にする人ほど上手くなるとも言われています。愛着を持って使用する典型的な例かもしれません。

 

小さい時にプレゼントされたぬいぐるみをずっと捨てずに持っている女の子も少なくはないでしょう。

これも、愛着を感じるモノを簡単に捨てられない典型的な例と言えます。

 

 

成長するにつれて、使うモノは変化していきます。何でもかんでもとっておくわけにはいきません。我が家にも、思い出として残しているモノがいくつかありますが、成長とともにほとんどを手放しています。

ただ、子どもの頃にどうしても捨てられずに使い続けていた「アイテムに対する愛着」という気持ちは、おそらく大人になっても手放すことはないでしょう。

 

→関連記事はこちら 

過去の記事一覧
ach blog archives

Ads Space

PAGETOP