「発達?覚醒?」子育て回顧ブログ vol.10
2017年9月25日 ach naviブログ

「発達?覚醒?」

 

いつからだったか、何がきっかけだったか・・・いつの間にか新幹線にはまった我が子。小さな新幹線図鑑を見て、これはマックス、これは500系と指をさしながら、名前を繰り返していました。東京の田端駅に、新幹線の車庫があるんですが、たまに電車に乗って駅にさしかかれば、興奮して、JR東日本管内で走る多くの新幹線を連呼します。

 

 

中学生になって英語で苦戦している我が子を見て、ふと、当時、言葉を覚えるとはこういうことなのかなと話した夫の言葉を思い出しました。

 

もちろん、最初から新幹線の名前を知っているわけではないので、毎日毎日、図鑑を広げてこれは、これはと話していて覚えた言葉。たまたまそれが我が家の場合は新幹線だった。それから、私鉄も含めて列車の名前も覚えるようになって・・・。あっそういえば、実家の近くを走る私鉄の列車の名前を新幹線より先に覚えていました!

 

その電車の模型を握りしめて、じいじと電車を見に行って・・・名前を連呼する日々。

 

思い出しました。これを書きながら。きっかけは本当にそれぞれ異なると思いますが、覚え始めたら、どんどん言葉が増えていって、いつの間にか喋っています。少し言葉が出るのが遅い子がいるかもしれませんが、気にせず、どんどん話しかけましょう。特にその子が興味のあることを。本当は話したくてしょうがないんですから。

 

 

ちなみに、その後、我が家では、恐竜のアニメにはまって、あっという間にカタカナを覚えてしまいました。こんな訳のわからない名前をよく覚えられるもんだと思うくらい、スラスラと恐竜の名前を口にして、読んでいる。親は全然覚えられないというのに。

 

好きになると、もしくは必要になれば、人の能力は本当に一気に覚醒するんでしょう。どうしても英語を喋らなければならない環境になれば、やっぱり話すんでしょうし。

 

必要は発達の母。いや、覚醒の母ですかね。

過去の記事一覧
ach blog archives

Ads Space

PAGETOP