「ぶっ壊せ!」子育て回顧ブログ vol.4
2017年9月10日 ach naviブログ

ぶっ壊せ!

 

男の子を育てるから、青い服を着せるという意識は微塵もありませんでした。意識的に青、黒、グレーは買わなかったと言えるぐらい。赤やピンクが好きということではなくて、色的な感性を豊かにしたかったのと、固定観念に縛られてほしくないという思いからでした。

 

むしろ、柄モノが多かったと思います。それをやな顔もせず、周りの友達から何か言われても気にもせず、着ていたのには、正直、着せている親の方が関心するくらいでした。

 

男の子だから青が好き、女の子だから赤が好き。そう思う人はもう少なくなってきていると思いますが、好き嫌いが出てくる前に、感性に刺激を与え続けたことは、今後の何かに確実に影響をしてくると思っています。

 

思っている以上にこどもの発想は自由で豊かです。大人が考えつかないようなことを、空想しています。できるできないなんて概念にはありません。理論上どうとか、物理的にどうとかは二の次。この発想をどうしても親の勝手で潰したくないと、子育てのスタート時から考えていました。

 

 

学校に行けば当然、幾つものルールの中で、社会性を身につけていくものです。それも必要なこと。その中で、できることは無限です。ルールがあるから何もできない!なんていうのは言い訳です。既成概念です。

 

ぶっ壊しましょう。固定観念と既成概念。

 

そんなことにとらわれないこどもたちが、未来に革命を起こすはずです。

PAGETOP