子ども用のメニューや移動式遊園地で家族全員が楽しめるドイツの春祭り!【編集長の太鼓判】vol.10
2018年4月17日 ach naviブログ

読んでくださる方の多くが「ドイツの春祭りって一体なんだろう?」と思っているはずです。

 

だからこそ本場の雰囲気をそのまま再現しちゃいました!

 

それが『Yokohama Frühlings Fest 2018』

読み方は「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」です。

 

 

Frühlingはそのまま「春」の意味です。

つまり、春の訪れを祝うドイツのお祭りで、ビール祭り(やっぱり)と移動遊園地がセットになった、ドイツでは家族や仲間とともに春の一日を楽しむ風物詩なんです。

 

だから、この時ばかりは、美味しいドイツビールをママもいただいちゃいましょう。

でも、ビールの前にお子さんのための情報から。

 

まずは、このイベントの広報を担当されています

株式会社横浜赤レンガ/イベント事業部

石井朋子さんからのメッセージです。


イベント会場内ではドイツの港町ハンブルクの名物「シーフード料理」をはじめ、見た目が可愛いシュワポップや食べ歩きができるスティックドーナッツなど様々なフードやドリンクが味わえます。

 

また、特設テント内には昨年に引き続き、ご家族の方が優先で座ることができるファミリーエリアをご用意しました。ファミリーエリアの一部には、完全個室の授乳室も設置していますので、お子さま連れのお客様にも安心してイベントをお楽しみいただけます。

 

大人も子どもも楽しめるイベントとなりますのでぜひご家族でお越しください!


石井さん!ありがとうございます!

ファミリーエリアだけでなく授乳室も完備!

ここ最近では授乳室があるかないかを外出先の選定理由にするママも多いので、安心して、楽しめますね。

 

さて! 

最初は、フードから。

子ども専用のメニューがこちらなんです。

[シュワポップ]

 

 

色付き・フレーバー付きの炭酸氷です。

特殊な製法で作られていて、最後まで均等に炭酸が溶け出します!


[フローズンいちごバニラ]

 

 

果肉入りの味付き氷をスムージー感覚で楽しめるスイーツドリンクです!


[フルーツクロワッサン]

 

 

色とりどりのトロピカルフルーツをサクサクのクロワッサンではさんでます!


[スティックドーナツ]

 

 

食べ歩きに便利な棒型のドーナツです!


[ミニクロケット]

 

 

ひと口サイズのかわいいコロッケです!

 

と大人もついつい手が出てしまいそうなカラフルでポップなメニューが揃っています!

※写真はイメージです。 ※今後、変更となる可能性がございます。


そして、もうひとつが移動式遊園地です!

ド・ド・ド・ドじゃなくて、な・な・な・なんと8種類のアトラクションが会場で楽しめます!

2018年に初お目見えなのが、

[コーヒーカップ]

 

 

もう説明はいらないと思いますが、カップ&ポットがなんだかおしゃれです。


 [メリーゴーランド]

 

 

王道です。なくてはならない遊園地界のキング。実はドイツ製で、回転木馬職人のピーター・ペッツ氏の手作りアンティーク作品なんです。すごいです。これは大人も乗っておかねば。


それから・・・

[海賊船]

 

 

振り子の動きで上下にスイングします。怖い人には怖いです。


そして・・・

[レディーバード]

 

 

てんとう虫が追いかけっこするようなラウンド・ライドです。かわいいっ!


さらに・・・

[ジャンプゾーン]

 

 

ヨーロッパ生まれの新感覚トランポリンは、最大で7mの大ジャンプができちゃいます。

 

などなど、家族みんなで楽しめる遊園地なんです。

※内容は今後変更になる可能性がございます。


もう!すでにイベントに行きたくなってしまいましたね。

 

でも・・・

もうひと押し、背中を押してほしいというママパパのために。

 

調べました!

 

大人のための魅力その①

文句なしにドイツビールが旨い!

好評だった幅30mのビールカウンターが今年は復活します! テント横に設置される巨大ビールカウンターで、日本初登陸のビールを含むドイツビールなどを味わえます。

 

 

しかも!環境先進国であるドイツに倣い、ビールは全てリユースカップで販売します。

今年は上質なビールをお楽しみいただくため、石川樹脂工業の「plakira」とコラボレーションしたリユースカップを使用!

 

 

日本初上陸ビールを飲むべし!

[ヴェルテンブルガー ウルティプ・ヘル]

南ドイツでは「ヘレス」と呼ばれ、最も多く飲まれているタイプのビールです。ホップの苦みが控えめで、モルトの風味を生かしたのど越しの良い、さらりとした飲み口が特徴なんです。

 

 

[ヴァイエンステファン ブラウパクト] 

世界最古のビール醸造所ヴァイエンステファンとアメリカ人気醸造所シエラネバダのコラボビール。生樽で飲める機会はイベント会場のみなんです。

 

 

 

はい。もう2つのビールの名前は覚えましたね。

カウンターに行って、素で言えますよね。

「・・・・・」

大丈夫です。「日本初上陸ビール!」と叫んでください。

間違いなくおすすめです!


大人のための魅力その②

間違いなくドイツ料理が味覚を刺激!

2018年は、ドイツの港町ハンブルクの市場「フィッシュマルクト」の雰囲気を再現しています。ゆえ、ハンブルクの名物「シーフード料理」がやばいです。もちろん、ドイツの定番料理もありますよー。これがまたビールに合うんです。

 

シーフード料理を喰らうべし!

[ハンブルガー・ガーリックシュリンプ]

 

 

ガーリック風味の剥きエビをカラッと揚げた港町の名物料理。レモンを絞って爽やかさをプラスしています。もう、箸が止まらないです。 


[ハンブルガー・パンフィッシュ]

 

 

またまたハンブルグ名物。2種の魚の粒マスタード煮込みは絶品です!


[マクレーレのトマト煮込み]

 

 

小サバをまるごと一匹オリーブトマトソースで煮込んだ欧州名物料理。やみつき必至です!


[シーフードピザ・ペスカトーレ]

 

 

海の幸たっぷりのシーフードピッツァ。ペスカトーレとは「漁師風」という意味で、魚介のぷりぷり食感と旨みがたっぷり!


[サバサンド]

 

 

スモークされた鯖とたっぷりのスライスオニオンをサンドイッチ。玉ねぎとレモンが鯖の癖を中和して、旨味を際立たせますよ!


 

定番ドイツ料理もラインナップ!

[フラムクーヘン]

 

 

ドイツ西部の伝統料理。サワークリームが香る、ドイツ風おつまみピッツァです。ビールが進みます。


 [バイエルンクラシックプレート]

 

 

ドイツを代表する全4種・5本のソーセージ盛り合わせです。もっとビールが進みます。


[アイスバイン]

 

 

豚スネ肉を香味野菜とブイヨンで煮込んだドイツ肉料理の王様です。ますますビールが進みます。


[ハンブルガー ラプスカウス]

 

 

ペースト状のコンビーフとポテトの上に目玉焼きをのせたハンブルク名物の郷土料理です。もう一杯飲みますか?


[ジャーマンプレッツェルのローテグリッツェ風]

 

 

ハート型のドイツ名物プレッツェルに北ドイツ名物ベリーのコンフォートを添えて。これはこれで別腹です。


 ここまできたら、もう行かない理由がな〜い〜。

あの塾ではないです。『Yokohama Frühlings Fest 2018』です!

 

※写真はイメージです。 ※今後、変更となる可能性がございます。


会場は横浜赤レンガ倉庫イベント広場と赤レンガパーク。

イベント概要はこちら→イベント情報「Yokohama Frühlings Fest 2018」


 ビールの名前もフードの名前もバッチリ覚えたところで、もうひとつイベントをご紹介。

赤レンガ倉庫館内連動キャンペーンとして『Goldenweek Fest』が、4月27日〜5月6日までの10日間の日程で開催されます。

横浜赤レンガ倉庫1号館&2号館内の対象となるショップ&レストランで、ゴールデンウィークのお買い物を楽しんでいただけるような横浜赤レンガ倉庫限定商品や期間限定メニュー、お買い得商品やフリューリングスフェストのテーマ「ドイツ・ ビール・テントウムシ」にちなんだメニューが楽しめたり、アイテムが購入できるイベントです。

 

 

記載した全てのイベントのお問い合わせはこちら

横浜赤レンガ倉庫2号館:045-227-2002(代表)

連載記事一覧

PAGETOP